京魯漁業特許の権利もう勝つ
時間 : 2016-09-24 13:52:56  點擊量:0

  最近、會社で受信煙臺市中級人民裁判所の判決は、煙臺のある食品會社が侵犯會社芙蓉蟹棒意匠特許紛爭案の判決を下し、相手判令停止の生産、販売の著作権侵害製品として、経済損失賠償京魯漁業。今回の判決は會社の知的財産権の緻のまた1度の勝利で、さらに會社をさらに推進する會社に対して、業界の知的財産権保護の仕事の発展に重要な意義がある。

  “食品棒(芙蓉蟹棒)”は會社の核心の知的財産権の一つに直面して、市場での侵害行為によって、弊社に工商局に通報し、市の知的財産権局に提出し特許侵害紛爭処理請求、稅関の知的財産権の屆出、裁判所により訴えなどの多種のルートを行う権利が成功した。以上は、會社が自分の合法的権益とブランドイメージを維持し、業界環境を浄化し、消費者が良質の製品を買えることができる。

  今後、會社は技術革新を堅持し、知的財産権システムの建設を堅持し、科學技術力による健康な海洋食品として、知的財産権を企業発展のお守りにしている!

分享到: